スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

年末休暇

12月26日は、北海道地方大荒れの天候で朝から新千歳空港発着の航空便は欠航が相次いで大混乱だったようです。朝の飛行機で移動しようとして欠航・キャンセル待ちとなって朝8時過ぎから午後5時近くまで羽田空港で待ったという話も聞きました。

悪運強い私は、翌27日の飛行機を予約していたため平常運行で予定通り北海道の自宅に戻ってきました。今まで、けっこうこういうタイミングですり抜けていることが多いです。


今年最後の忘年会のために、千歳に行きましたら、銀行の入り口にこんな張り紙が張られていました。

単身赴任で溜まっていた家事労働に加えて、除雪作業も私の分を残しておいてくれたようです。今日は、降ってから数日経過して雪も少し締まって重くなってました。それに除雪車が置いていった圧雪・・・明日は筋肉痛かもしれません。

今年の年末、家事労働のメインはこれ↓

私が占有していた部屋を子供に明け渡して、このスペースの小さな机に引越し。ついでに溜まっていたガラクタ類も捨てる方向ですが、雪が積もって物置にも一時保管できず、ゴミ収集も年末年始で収集日の間隔が開くので家の中が大変なことになっています。

スポンサーサイト
  1. 2008/12/29(月) 21:10:26|
  2. 写真生活
  3. | コメント:0

吉祥寺まで歩いてやったぞ!

【追記】
 下の写真のレンズに関するクイズですが、記事の一番最後に答えを追記しました。
【追記以上】

まあ、どうでも良いですよね。
キヤノンEOSシリーズのアイピースエクステンダーを買いに、吉祥寺のヨドバシカメラまで行きました。アイピースエクステンダーは、日曜日に壊してしまったEOS20Dのファインダー見口の応急修理の土台となるのです。とりあえず入手しておいて、正月休みに箱根駅伝を見ながら工作をするという案が浮上して来ました。

で・・・エントリーのタイトルですが・・・歩きました。約2時間半かな。
好天なれど気温は低い天皇誕生日、カメラを持たずに私が歩くわけないですよね。
もちろん、散歩カメラなんですけど、

さて、問題です。

以下に7枚の写真を載せます。
金曜日に、中野で拾ってきたジャンク・カビ玉、ついでに言うと1050円のPentax Super-Tamumar 135mm F3.5を使いEOS20Dで撮った写真はどれでしょう。今日はEXifも消去して、縮小画像のみのエントリーです。


【エントリーNo.1 奉納】




【エントリーNo.2 逆光透過】




【エントリーNo.3 きらめき】




【エントリーNo.4 ピエロ】




【エントリーNo.5 いやらしい眼差し】




【エントリーNo.6 郵便局】




【エントリーNo.7 名残の紅葉】




ちなみに、今日はボディはEOS20Dのみ。レンズは3本持ってましたよ。
もう一つヒント(になるかなぁ?)
掲載した写真は、若干のコントラスト調整以外はDPP 3.5.1でスタンダードでRAW現像です。いつものように約200万画素でJpeg化したものを、JTrimにより長辺576ピクセルにしています。


【クイズの答え】
 正解は、No.1, 2, 3, 4, 5, 6, 7です。要するに全部です。
 レンズは3本持っていたというのは引っかけで、3本確かに持っていたのですが、この日はSuper Takumar 3.5/135mmの一本勝負になってしまったのでした。
 撮影は、手持ちISO400 絞り優先AEで経験則により絞り値に応じて露出補正してます。
 No.1 F5.6
 No.2 F3.5開放
 No.3 F3.5開放
 No.4 F5.6
 No.5 F8
 No.6 F8
 No.7 F3.5開放
開放逆光では確かに甘い描写、全体的にあっさりとした色乗りの感じはしますが、必要以上にカリカリでもなく・・・
どうでしょう。私は気に入ってしまいました。正直、こんなに良く写るレンズだとは思いませんでした。

  1. 2008/12/23(火) 19:50:00|
  2. 写真生活
  3. | コメント:0

サザンカ


20081221 花弁
EOS20D / EF 17-40mm F4L USM
ISO100 絞り優先AE F8 (露出補正-0.7EV 1/15秒) RAW現像 DPP3.5.1




20081221 花
EOS20D / Tamron SP AF 90mm F2.8 Di Macro / PLフィルタ
ISO100 絞り優先AE F4.5(露出補正-0.7EV 1/6秒) RAW現像 DPP3.5.1




20081221 しべ
EOS20D / Tamron SP AF 90mm F2.8 Di Macro
ISO100 絞り優先AE F4.5(露出補正+0.7EV 1/50秒) RAW現像 DPP3.5.1


2008年12月21日 昭和記念公園で撮ったサザンカです。1枚目と2枚目は、シャープ感がないのですが、1枚目は風が出てきてしまって少し被写体ブレになってしまいました。2枚目は、縮小画像での劣化みたいです。
サザンカやツバキは、冬枯れの季節に綺麗な色を見せてくれるのですが、私には苦手な花です。花がたくさんついて葉も沢山なので、どうしても画面がごちゃごちゃしてしまいます。葉もテカリ気味なので難しいのです。
2枚目は、葉のテカリを何とかできないかとPLフィルタを使ってみました。

その昔、音楽の教科書に載っていた(と思う)童謡「たき火」の2番の歌詞が頭に残ってます。
「さざんか さざんか 咲いた道 たき火だ たき火だ 落ち葉焚き」という歌詞です。
音楽の時間に歌った記憶はありますが、当時は全く理解できない歌でした。
生まれ育った北海道の街は、雪の中で山茶花の花なんて見たこともないのですから。

それからだいぶ経ってから、この花の名は、「さざんかの宿」という演歌で再び記憶に残ることになります。

  1. 2008/12/22(月) 22:36:00|
  2. 写真生活
  3. | コメント:0

カビレンズはどれ?

【2008年12月24日 追記】
 コメントへのリプライにも書きましたが、下の4枚の写真ですが、エントリーナンバー3がSuper Takumar 3.5/135(カビつき)で撮影した写真です。
ちなみに、
  No.1 Contax Planar T☆ 1.4/85
  No.2 EF 70-200mm F4L USM
  No.3 Pentax Super-Takumar 3.5/1.5
  No.4 Tamron SP AF90mm F2.8 Di Macroです。
絞り優先AE F5.6の条件は同じです。
昔の単焦点レンズの描写力もなかなか素晴らしいですよね。単層コーティングなので逆光には弱いかもしれませんけど・・・

【追記以上】

問題です。
次の4枚の写真の中に、1961年?1971年のあいだ、すなわち今から37?47年前の何処かで作られたカビレンズ Pentax Super Takumar 3.5/135(カビ取りしてません)で撮影した写真が1枚あります。それは何番でしょう。

すべて画像クリックすると200万画素相当の絵が開きます。

【エントリーナンバー1】



【エントリーナンバー2】



【エントリーナンバー3】



【エントリーナンバー4】



Exif見ないで当ててくださいね。

なんて・・・・・・今日は、これをブログネタにするつもりだったのになぁ・・・

  1. 2008/12/21(日) 21:00:00|
  2. 写真生活
  3. | コメント:0

スノードロップ


20081221 スノードロップ
EOS20D / EF 70-200mm F4L USM
ISO100 絞り優先AE F5.6 (露出補正 -0.7EV 1/125秒)RAW現像 DPP3.5.1

好天・気温上昇との天気予報に誘われ、冬枯れの中、花撮りをしたいと昭和記念公園に出かけました。気の早いスノードロップが数株咲いてました。水仙も気の早いのが数輪。サザンカは散り始め。天気の割に人出は少ないけれど、それでもアマチュアカメラマンの姿はチラホラという状況。


そして、再びEOS20Dを悲劇が見舞ったのでした。


ファインダー見口のアイピースをセットする溝の右側が見事に一直線に欠落しています。
上のスノードロップは、結構ローアングル撮影です。アングルファインダーが付いた状態で、カメラが三脚の雲台ごと回転してアングルファインダーが地面に当たりました。結果、欠け落ちたという訳です。スノードロップの撮影を最後に、遅めの昼飯を何処かで食って、ネグラに戻ろうと思っていたのですが、空腹を抱えて悄然とネグラに帰って来ました。
雲台がフリーの状態で手を離したわけではありません。ローアングル対応の三脚で、センターポール横差し、縦位置・・・・・・ネジがゆるむ方向に加重がかかっていましたね。そして、センターポールにねじ込んだ雲台が緩まないように固定するネジが緩んでました。

どんな事故も、こうやって起きるのですね。
小さな偶然の積み重ね。

初めてはないんです。
2007年の5月連休に、北海道は支笏湖近くの山林の中で一度やってます。そのときは、エゾエンゴサクをローアングルで撮るのに、スリック・プロミニ3を使っていて三脚ごと倒しました。アングルファインダーが使えないと不便なので、応急処置でだましだまし使い、今年の5月連休期間にキヤノン新宿SCで修理したんですけど・・・・・・今、その応急修理の記事を見たら、全く同じ風に欠けてます。

重修理が必要な不具合が出るまでは使いましょうと、物欲を抑えている私に、何という事態でしょう。

  1. 2008/12/21(日) 18:50:00|
  2. 写真生活
  3. | コメント:0

頑張ったご褒美?


20081218 ハボタン
EOS20D / Tamron SP AF28-75mm F2.8 XR Di
ISO100 絞り優先 AE F3.5 (1/100秒) RAW現像 DPP3.5.1 (無調整・スタンダード)

月曜日に、「サンタさんは来るのかなぁ」なんていうタイトルのエントリーを書いてしまったのですが、どうも来そうにもありません。昨日、抽選だった宝くじ(LOTO6)もカスリもしていませんでした。家族に縁のある数字の組み合わせ、同じ数字を買い続けるという単純な方法なのです。キャリーオーバー込みで4億円当たったら、自称プロカメラマン宣言をして悠々自適の写真三昧・趣味三昧、奥さんと旅のし放題という人生設計は出来ているのですが・・・・・・

神さまは、未だ働け!とおっしゃっているようです。4億円はおろか、レンズ一本買えるぐらいの賞金も当たりません。


と、言うわけでプチプチに包まれたこの物体ですが、自分で自分にあげる頑張ったご褒美です。(なんとささやかなプレゼントでしょう・・・)仕事の後に、目的もなく仕事場の人と中野に出かけて救済してしまいました。それにしても、週末金曜日に、飲みに行く訳でもなく職場の人と中野に行っちゃうっていうのも変と言えば変ですねぇ。それで、ブログの記事を延々と書いてるのは、もっと変か。




セロハンテープで貼り付けられた値札に書かれた税込み1050円の文字。




Asahi Opt. Co. 旭光学株式会社製 Super-Takumar 135mm F3.5です。レンズの白いポチポチは、表面のホコリです。旭光学は、PENTAX・ペンタックスのブランドで知られたカメラや光学機器の老舗です。2002年に社名を旭光学からペンタックスに変更、2006年ころから紆余曲折を経て光学ガラス関連の老舗HOYA株式会社が吸収合併して、現在はHOYAのペンタックス事業部ということになってます。忘れてはいけないことは、一眼レフレックスという形式のカメラを初めて世に出したメーカーは、ペンタックスであったということでしょうか。
このレンズの登場は1961年、1971年には日本初の多層コーティングレンズであるSMC Takumarが登場していますので大雑把に言って45年ぐらいは経っていると思われます。




外観は、比較的綺麗です。レンズの中も案外綺麗ですが、強い光できちんと見ると、大丈夫です。ちゃんとカビが生えてます(笑)暇を見て分解掃除をしたいと思います。絞り羽根は油の浮きもなく綺麗で、自動絞りの連動もスムーズです。まあ、どうせマウントアダプタを介してEOS20Dで使うのがメインになると思いますので、自動絞りは関係ないんですけどね。M42スクリューマウントのボディは、PENTAX SPFがありますし、Super Takumar 35mm F3.5 / SMC Takumar 55mm F1.8が既に手元にありますので、これに加えて135mmとなると、実は40年前なら広角・標準・望遠と揃った人もうらやむ一眼レフシステムだったりします。

  1. 2008/12/19(金) 23:25:00|
  2. 写真生活
  3. | コメント:0

サンタさんは来るのかなぁ

Zorgに写真データはアップしてあるのですが、雪印のボケが予想外に好評です。今週は、これで続けてみようかと思います。


20081214 昭和記念公園
EOS20D / EF 70-200mm F4L USM + 自作雪印フィルタ
ISO400 絞り優先AE F4 (露出補正 -2EV ?1/15秒) Jpeg記録

何故か今日は、今までもつれて進捗はかばかしくなかった複数の事項が、スルスルっと解決に向かいそうな連絡が別々に数ヶ所から入ってきた。新規開発の場合、取引先・協力会社にお願いすることにしても、相手も初めてやるということが多く、、、構想の説明・説得・納得というプロセスと試行錯誤の時間が必要なのです。こっちだって初めてだしね。説明した構想が間違ってることだってあるわけです。
ちょっと祝杯気分で、ネグラで焼酎のお湯割りなんぞを飲みながら、駄文をだらりだらりと垂れ流すことにします。

★頑張った自分へのご褒美★
★自分へのクリスマスプレゼント★
 最近、ブロガーの皆さんが、新機材購入の顛末を紹介してくれているところで良く目にする台詞です。

「おいらも何か」と思うんだけど、無いんですよ。

本当に無いわけではなく、実際はあるんだけど、遠大な計画が必要なことになっちゃうわけです。
レンズで言えば、大三元化とかでしょうか。

先日、仕事場の人に、レンズの大三元とか小三元って何ですかと聞かれました。その時に、私の主力レンズは、対々発白かなぁと言って見ました。明刻(中古)が混じってるので、三暗刻にもなりません。
 EF 17-40mm F4L USM ・・・発
 EF 70-200mm F4L USM・・・白
 Tamron SP AF28-75mm F2.8(A09)・・・対子
 Tamron SP AF 90mm F2.8 (272E)・・・対子
ひいき目で、写りは良いと思うタムロンの2本を字牌の対子に例えると、Ai Micro-Nikkor 55mm F2.8Sを老頭牌で頭にして混老頭がついてハネ満です(なんちゃってね)
A09の代わりにEF 24-105mm F4L IS USMが入ると中が揃って小三元?あれ、白発中揃っちゃったら大三元になっちゃいますね。例えが難しい。まあ、どっちにしても麻雀の役を知らない人にはチンプンカンプンな話ですね。小三元とは、キヤノンの場合、広角・標準・望遠のズームレンズをF4通しのLレンズで揃えることです。同じくF2.8通しのLで揃えるのを大三元と名付けた人が何処かにいる訳です。

ボディなら、 フルサイズ化・・・
 EOS1Ds /Mk-2/Mk-2N/Mk-3
 EOS5D /Mk-2
初代EOS1Dsの中古が145k¥ぐらいになってますが、さすがにこれは対象外でしょう。
デジカメ世代的に古く使い勝手が悪そうです。現実的なのはEOS5Dの中古でしょうか。先日、中野にも新宿地図にも大量の中古が出ましたけど何処かの企業ユーザが業務用機を一斉に更新したのでしょうか。
 EOS5Dの相場は、90-140k¥ぐらいに分布してます。発売期間がデジタル一眼としては異様に長かったことと、業務用としても使われている事例が多数あるため、使い込まれ方、疲弊度も千差万別のような気がします。
 EOS50Dの新品ボディが100k¥ぐらいで入手できるのですが、実機を2日間使わせてもらって、20Dとの決定的なというか圧倒的なという差を感じていないため、選考対象に入ってきません。APS-Cサイズは、20Dに重修理が必要なトラブルが起きるまでは使うつもりです。
 その圧倒的な差は10Dと20Dでは感じるのです。私にとって決定的な10Dと20Dの差は、起動時間0.2秒と2秒の差です。もちろん10Dが2秒かかります。節電のためスリープモードに入っているときも、レリーズスイッチに振れてから2秒ですから、散歩スナップでは使いにくいのです。スリープモードへの移行をしない設定で対応でしょうか。10Dのミラーショックの少ない静かなシャッター音は好きなのですけど。
 そんなことを考えていたら、某所にTamron SP 500mm F8(Reflex)の中古品があるのを発見してしまいました。9500円(アダプトール2なし)です。気にはなりますが、とりあえずスルーしています。出物ですので、明日にはリストから消えていることでしょう。

  1. 2008/12/15(月) 21:57:00|
  2. 写真生活
  3. | コメント:0

イルミネーション・昭和記念公園

午後5時に近くなってから、おもむろにカメラと三脚を持って電車に乗りました。降りた駅は立川駅。昭和記念公園のウインターイルミネーションを撮って来ました。


20081214 昭和記念公園
EOS20D / Tamron SP AF 28-75mm F2.8 Di Macro
ISO400 絞り優先AE F4 (露出補正 -1EV 1/6秒) Jpeg記録



20081214 昭和記念公園に雪
EOS20D / EF 70-200mm F4L USMISO400
絞り優先 AE F4 (露出補正 -2EV 1/50秒)Jpeg記録



20081214 グラスタワーに雪
EOS20D / EF 70-200mm F4L USM
ISO400 絞り優先 AE F4 (露出補正 -2EV 1/30秒)Jpeg記録



20081214 グラスタワーの中にも雪
EOS20D / EF 70-200mm F4L USM
ISO400 絞り優先 AE F4 (露出補正 -2EV 1/13秒)Jpeg記録



20081214 雪の結晶も雪
EOS20D / EF 70-200mm F4L USM
ISO400 絞り優先AE F4 (露出補正 -2EV 1/15秒) Jpeg記録


おもしろ半分に、雪を降らせてみました。
雪の結晶のような形に切り抜いた黒色の画用紙をレンズとフィルターの間に入れてみたのです。大きなボケが出来て焦点も来る様な構図にするのは、結構難しかったです。ぼけやすい様にレンズも長い焦点距離のレンズを多用することになってしまいました。2時間ほど撮ってましたが、レンズが夜露でびっしょり濡れてしまいました。ISなしのF4Lなので、IS付きのF4Lと違って完全な防塵防滴構造ではありませんが、それでも並のレンズよりはましなはずです。帰ってきてから、前後ともレンズキャップを外してエアコン暖房の室内で乾燥中です。
  1. 2008/12/14(日) 22:03:00|
  2. 写真生活
  3. | コメント:0

テスト投稿見えない

テスト投稿
あああ

さていかが相成るのか

  1. 2008/12/13(土) 10:39:00|
  2. 写真生活
  3. | コメント:0

イルミネーションの季節

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/58/af/e206017e9e4d8e978e6ec249b733c75d.jpg
20081212 ショウウインドウ
EOS10D / Tamron SP AF 28-75mm F2.8 XR Di
ISO800 絞り優先 F3.5 (露出補正 -0.7EV 1/50秒) RAW現像 DPP3.5.1

街は、クリスマスに向けイルミネーションの季節。冬至に向かい一年で日が一番短い季節。仕事場から帰る時間には、日もとっぷりと暮れている。透過看板撮影でも久しぶりにやってみるかと思ったが、案外面白いものがない。

そういえば、これも「あかり」かな。
今開催中の小口写真事務所さんの「みんなで写真展」のテーマは「あかり」
今回は諸般の事情で、参加を見送ってしまって残念なのである。ネタがなかった訳ではなく、締め切り直前とそのあとも、少しばかり仕事が立て込んでいたというだけなのであるが・・・このブログで、「独りで写真展」でも開催してみようかなぁ。

明日は、夜戦でイルミネーションでも撮ってみようかとも思うけど、何処に出動するのが良いかな。人の多いところは嫌だなぁと思うけれどそれは無いものねだりということになるのだね。
  1. 2008/12/12(金) 21:41:00|
  2. 写真生活
  3. | コメント:0

Contax Planar T☆ 1.4/85 その2

Planar T☆ 1.4/85で撮った風景スナップです。今日も画像クリックで約200万画素相当の絵が開きます。



20081207 小金井公園
EOS20D / Contax Planar T☆ 1.4/85
ISO100 絞り優先AE F5.6 (1/320秒) RAW現像 DPP3.5.1

色の乗り方とコントラストが良いですね。初めてEF 70-200mm F4L USMで撮った写真を見たときと同じ感じがしました。



20081207 小金井公園
EOS20D / Contax Planar T☆ 1.4/85
ISO100 絞り優先AE F8 (露出補正 +0.7EV 1/400秒) RAW現像 DPP3.5.1




20081207 EF 70-200mm F4L USMの姿
EOS20D / Contax Planar T☆ 1.4/85
ISO100 絞り優先AE F5.6 (露出補正 +0.7EV 1/250秒) RAW現像 DPP3.5.1

三脚座の近くにフォーカスしていますが、リアキャップやズームリング近くの質感描写が凄いと思います。前にも書きましたけど、Carl Zeiss Planar T☆ 1.4/50のEFマウント版がヨーロッパ市場では発売になっているそうです。フォーカスはマニュアルフォーカスですが、絞りはカメラ側からの電子制御で、当然、カメラ内蔵露出計も完全動作、全ての露出モードが使用可能・・・・・・50mmだけでなく、この85mmもEFマウント版が出て欲しいですね。ただ、価格がいくらになるのか、想像もつきませんけど。

実はこの日、Contax Planar T☆ 1.4/50mmをEOS630につけてネガフィルムで撮影しています。フィルムだと撮影も慎重になり半分ぐらい残ってます。今度の週末、天候が良ければ、残り枚数をこのPlanar T☆ 1.4/85で撮ってみたいと思ってます。
レンズ一本勝負、東京の狭い路地裏をAPS-Cサイズのデジタル一眼で焦点距離200mm固定で撮るという、とても難しそうな企画も仕事場の片隅で構想されているのです。35mmフルサイズの場合は、当然300mmで固定ですよ。
レンズ一本勝負の場合は、独りでは面白くないのでオフ会みたいになれば面白いですね。
  1. 2008/12/11(木) 21:32:17|
  2. 写真生活
  3. | コメント:0

てすと

テスト投稿(shift+enter)
テスト投稿です(enter)
どのようになるのかな。

EOS20D
aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa
bidea
dddddd
  1. 2008/12/11(木) 07:57:34|
  2. 写真生活

Contax Planar T☆ 1.4/85 その1

借用中のPlanar T☆ 1.4/85で撮って見た紅葉を3枚ほど載せてみます。
画像クリックすると大きな画像が開きます。


20081207 絞り開放
EOS20D / Contax Planar T☆ 1.4/85
ISO200 絞り優先 AE F1.4開放 (露出補正 +0.3EV 1/1600秒) RAW現像 DPP3.5.1

この日、北風が強くて葉っぱが揺れていました。それでも大口径レンズですから絞り開放で撮ってみたくなります。焦点距離85mmで開放F値、さらに最短撮影距離1mでは、被写界深度が浅く、ピントの山のわかりにくいEOS20D純正スクリーンでは大変でした。手前の葉との距離の差は2?3mmだと思います。それでもアウトフォーカスです。背景なんて何が写っているのか全く解りませんね。


 
20081207 絞り5.6
EOS20D / Contax Planar T☆ 1.4/85
ISO200 絞り優先 AE F1.4開放 (1/100秒) RAW現像 DPP3.5.1

5.6まで絞ってみると、ピント面もシャープになってきて、大きなボケではありますが何が背景かなんとなく解ってきます。



20081207 F5.6
EOS20D / Contax Planar T☆ 1.4/85
ISO200 絞り優先AE F5.6 (1/500秒) RAW現像 DPP3.5.1

少し距離のある紅葉を、少し絞り込んで撮ってみました。縮小画像ではよく解りませんでしたが、ピクセル等倍に近い像では、その解像の良さにゾクっとしました。

それにしても、85mm(換算136mm)開放F値1.4、最短撮影距離1mと言うこのレンズは使いこなしの難しい、被写体も選ぶレンズだと思います。中間リングを噛ませて接写に使ったら別の面白さが出てくるかも知れません。90mm F2.8マクロと焦点距離はほぼ同じで、2段大きな口径ですから、花なんか撮ったら別世界のボケ味になりませんかねぇ。

この次は、T☆1.4/85でのスナップ的風景などを・・・アップできる・・・かな
  1. 2008/12/10(水) 22:46:08|
  2. 写真生活
  3. | コメント:0

紅葉の錦

2008年12月07日の小金井公園で撮影した(たぶん)今シーズン最後の紅葉。
今日は、もみじの錦の煌めきをば・・・


20081207  このたびは
EOS20D / EF 70-200mm F4L USM
ISO200 絞り優先 AE F5.6 (中央部重点平均測光 1/200秒) RAW現像 DPP3.5.1(トリミング)




20081207  ぬさもとりあへず手向山
EOS20D / EF 70-200mm F4L USM
ISO200 絞り優先 AE F5.6 (中央部重点平均測光 露出補正 -0.7EV 1/200秒) RAW現像 DPP3.5.1




20081207 紅葉のにしき 神のまにまに
EOS20D / EF 70-200mm F4L USM
ISO200 絞り優先 AE F5.6 (中央部重点平均測光  1/200秒) RAW現像 DPP3.5.1



EOS20D、10D、そしてフィルムの630に取り付けられるレンズは、マウントアダプタを使うオールドレンズも含めてあれこれ持っているけど、撮るぞという意気込みで行くときには、やはり描写に安心感のあるEF 17-40mm F4L、EF 70-200mm F4LそしてTamron SP AF90mm F2.8 Di Macroの3本でほとんどをカバーしていることに改めて気がついた。35mmフルサイズをメインとすると Tamron 28-75mm F2.8 XR Diが加わるだろう。

明日か明後日は、予定通りならContax Planar T☆ 1.4/85の紙より薄い被写界深度の写真かな。
  1. 2008/12/08(月) 21:48:09|
  2. 写真生活
  3. | コメント:0

寒風強風・最後の紅葉

朝から天気は良かったが、寒かった。
紅葉の最後を求めて、小金井公園に出かけた。ほとんど葉が落ちたり、枯れたりしている中、わずかに数本のモミジを見つけた。


20081207 頭上紅葉
EOS20D / EF 17-40mm F4L USM + PLフィルタ
ISO200 絞り優先AE F5.6 RAW現像 DPP3.5.1




20081207 快晴紅葉
EOS20D / EF 70-200mm F4L USM + PLフィルタ
ISO200 絞り優先AE F5.6 RAW現像 DPP3.5.1


快晴で日差しはあるけれど、風が冷たくそして強い。被写体ブレが多く打率は低かった。
小金井公園は、相変わらず散歩・ジョギング・犬の散歩・子供と遊ぶ家族連れ・フリマにバーベキュー、楽器演奏の練習、そして写真撮影等々、人々が集まり思い思いの時間を過ごしている。
春、梅と桜の季節や初夏の蓮の時期、コスモスの秋とカメラを持って出かけているが、斜光線の晴れた冬の日は独りで写真を撮っていると寂しくなるなぁ。

本日撮影枚数、EFレンズで350枚(±2/3,0のAEBがほとんど)、Contax Planar T☆ 1.4/85mmで30枚。ちょっと面白いものを発見したので、それだけに200枚近くを費やしてしまった。デジタルだから出来ることだ。
Planar 85mmは、EOS20Dでは換算焦点距離が長く最短撮影距離も長いため難しい。私にはまだまだ使いこなすのが難しいレンズだった。ポートレートなんかに使えれば宜しいのだろうけど。
  1. 2008/12/07(日) 23:20:32|
  2. 写真生活
  3. | コメント:0

Distagon T☆2.8/28で街撮り

借用中のContax Distagon T☆ 2.8/28ですが、今日、街撮りに使ってみました。日帰り人間ドックへの行き帰りに目にした錆を撮って見ました。



20081205 琺瑯看板の年輪
EOS20D / Contax Distagon T☆2.8/28
いい具合に錆びてます。東京都のだいぶ奥の方の街です。奥多摩の街には、味わいのある錆が沢山あります。



20081205 看板更新
EOS20D / Contax Distagon T☆2.8/28
森や林の中で、倒れて朽ち果てた木の上に、新たな芽が生えて育っていくことを倒木更新というそうですが、これはさしずめ看板更新でしょうか。俺の屍を超えていけという感じもします。



20081205 サビ
EOS20D / Contax Distagon T☆2.8/28
木が朽ち果てて自然に帰るように、鉄板も長い年月の間に少しずつ自然に帰っていくようです。


こんなもの、Distagon T☆ 2.8/28で撮るものなのかという気もしましたが「好きなもの、目を惹いたものを好きなように撮る」という大原則に忠実に撮ってみました。だんだんと近いところが見にくい大人の眼になってきているせいなのか、レンズとスクリーンの相性なのか、長距離側ではピントリングの可動範囲の狭いレンズ構成の故なのか、同じ28mmのAi Nikkor 28mm F2.8Sよりも、ピントの山が掴みにくかったです。

焦点距離2.8mmなのでEOS20Dだと換算44.8mmと使いやすい画角のはずなのですが、狭かったです。画角。
歩道や道路が狭くて、被写体までの引きが取れないのが最大の原因です。小樽・札幌などの街撮りでは、50mmレンズ・換算80mmでも何とか出来るのですけどねぇ。
  1. 2008/12/05(金) 21:55:08|
  2. 写真生活
  3. | コメント:0

Ubuntu


20081126 ヨコハマ・今年の美女
EOS20D / EF 17-40mm F4L USM
ISO400 絞り優先AE F6.3 (1/40秒) Jpeg記録→画像縮小Gimp 2.6 on Linux


一年か一年半ぐらいの間隔で、Linuxを弄りたくなるのはなぜだろう。
日曜日に、Fedora Core 10preveiwをインストールしてみたのだが、Nvidiaグラフィックボードのドライバーが標準ではサポートされていないらしくテキストモードでの起動になってしまった。
Ubuntuが良く日本語環境もしっかりしている話を、仕事場で聞き早速Ubuntu8.10に入れ替えてみた。
確かに最初から日本語にきちんと対応できているのは使いやすそうだが・・・
デジタル写真関係を除けば、ウエブフラウジングとメールがほとんどだからWindowsでなくても構わないと言えば構わない。
しかし、ウエブブラウザであるMozilla Firefoxでうまく表示できない・レイアウトが崩れる場合があるのは困ったものだ。その微妙に崩れるサイトが、自分のブログだったりするとやっぱり気に入らないなぁ。久しぶりにgooブログの編集画面で記事を作ろうとしたが、ダイヤログボックスがベロリンと横長になりスクロールバーが出てしまう。Windows版の同じバージョンのFirefoxでは問題ないのだけれど、Linux版では少し表示が違うようだ。Opera9.6のLinux版では、表示のレイアウトは良さそうだが、フォントの設定が今ひとつで、見やすくするには時間がかかりそう。とりあえずはFirefoxで我慢することにする。
過去の経験だと、しばらくするとWindowsでしか動かないアプリのためにWindows環境に戻ることになるのがいつものこと。Linux上でWindowsのアプリケーションを動作させるWineがやっとリリース1.0になったらしいので、それを試してからにしましょうかね。

写真は、今年のヨコハマでの夜戦で撮影した横浜市営バスのバス停の透過看板広告。こちら側はルージュ、反対側はマリリン・モンローのナイトウエァ、No.5だった。
  1. 2008/12/03(水) 23:46:26|
  2. 写真生活
  3. | コメント:0

レールのその先

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/51/33/8209cd9c1e0dcd63b9d51cc9ae3afb3c.jpg
レールのその先   Richo GX100 ( Program AE )

その昔、自分が今の子供の歳か、もう少し上だったころ。決まったレールに乗ったような人生なんて嫌だと粋がっていたこともある。今の世の中、レールに乗ったような決まり切った人生なんてなくなっちゃって、レールのその先はどうなっているのか解らなくなってしまったようだ。
(画面下のレールに向けて焦点&AEロック)


今日から12月。早いと言えば早いなぁ。

  1. 2008/12/01(月) 21:20:39|
  2. 写真生活
  3. | コメント:0
  1. 無料アクセス解析

プロフィール

ycttim

Author:ycttim

やっと終わった単身赴任生活。いま撮影対象と場所と方法の再構築中。主力はEOS5D-mk2。他にEOS20D。最近、E-PL1が加わりました。


匍匐前進

以前のブログはこちら
Blog??・・・LifeLogだな

メールフォーム

非公開で連絡を取りたい場合は、このメールフォームに記入してくだされば専用メールアドレスにメールが届きます。 もちろんメールを投函した事自体や、メール本文、アドレスなど個人情報がこのブログ上で公開される事はありません。

名前:
メール:
件名:
本文:

さえずり

Zorg Door

写真クリックしてみて下さい

何も恐れず胸を張り闘え

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

写真生活 (1062)
そこいら辺の花 (208)
そこいら辺の風景 (107)
モノクロ写真館 (5)
透過看板 (0)
撮影機材 (22)
東京単身写真日記 (149)
業務日誌 (0)
中学校課程 (3)
鉱石ラジオ (2)
パソコン・メモ (6)
読書感想文 (0)
Weblog (3)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも一覧


写真にはまったオヤジのつぶやき

★時間よ~止まれ♪

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。